どんな方法で​​治療するの?

​いつも鼻呼吸ができて、あごに負担のかからない寝相で寝る習慣をつけるためのトレーニングをします。

​使う装置は、取り外し式のマウスピース水枕です。

​​装置を使う時間は、毎日、起きている時の1時間と、寝ている間です。​

​​治療期間は、およそ2年〜3年です。

​いつも鼻呼吸ができて

あごに負担のかからない寝相で寝る習慣を

つけるためのトレーニングをします

​ あごが成長しなくなる原因は、口呼吸によって口の周りの筋肉のバランスがくずれることと、あごに負担のかかる寝相で寝ることです。

 逆に、あごの成長を助けるためには、いつも鼻呼吸になっていて、あごに負担のかからない寝相で寝ることが必要です。​

​使う装置は

取り外し式のマウスピース

水枕です

​ 歯ならびを治すために、いきなり、歯にくっつける固定式の金具を使う必要はありません。

 取り外し式のマウスピースを使って、口の周りの筋肉をトレーニングして、鼻呼吸ができるように練習します。

​ 寝ている間に、あごに負担をかけないために、水の入った枕で寝る練習をします。

​ 枕から落ちなくなれば、あごにかかる負担を減らせるので、あごの成長を助けることができます。

​​使う時間は

毎日、起きている時に1時間

寝ている間です

 マウスピースを使ったからと言って、いきなり鼻呼吸になったり、水枕で寝れば、その日から寝相が良くなる、というわけではありません。

 口の周りの筋肉が鍛えられて、口呼吸が鼻呼吸に切り替わることで、あごが成長していく方法なので、毎日マウスピースを正しく使って、口の周りの筋肉をトレーニングすることが大切です。

​​基本的な治療期間は

2年〜3年です

 歯は、マウスピースを使えるようになってくると、動き始めます。3か月くらい、しっかり装置を使えていれば、変化が起こります。期間は、延長することがありますが、一般的には、下の前歯なら半年〜1年くらい、上の歯なら1年〜2年くらいで良くなります。

​ 最終ゴールは、いつも鼻呼吸ができていて、あごに負担のかからない寝相で寝られることです。この環境が整っていないと、一度良くなった歯ならびが戻ってしまうことがあります。ここまでたどり着くには、2〜3年が必要です。

始める時期は

いつから?

治療費は

いくらかかる?

​治療は

どんな流れ?

  • LINE_APP

平日

土日祝

16:00-18:00

10:00-18:00

その他 ​不定休あり

​定休日 毎週水曜日

​静岡市駿河区東静岡2丁目5-1-1F

お問い合わせ

©️ ふじみ歯ならびクリニック 2018